アムス・エステート > アムス・エステート株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしのベッドの大きさはシングルサイズ?それともセミダブル?

一人暮らしのベッドの大きさはシングルサイズ?それともセミダブル?

≪ 前へ|そろそろ夏本番!賃貸に備え付けの冷房は掃除してもいい?   記事一覧   登山初心者におすすめ!東京で登山しやすい山「高尾山」を紹介|次へ ≫

一人暮らしのベッドの大きさはシングルサイズ?それともセミダブル?

一人暮らしをする際に考えてしまうのがベッドのサイズ。

 

部屋の大きさにも限界がありますが、小さすぎると寝る時に大変ですね。

 

今回は、一人暮らしでベッドを購入しようと考えている方向けに、適したベッドの大きさ、シングルベッドとセミダブルベッドのメリットとデメリットとは何かをご紹介いたします!

 

皆さんのベッドを選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

一人暮らしのベッドの大きさはシングルサイズ?それともセミダブル?



一人暮らしに適した大きさのベッドとは?


 

今回の記事を読んでいる方には布団で寝ており、ベッドにしようか迷っている方も多いかもしれないので、まずはベッドの利点についてご紹介いたしましょう!

 

ベッドは起床時、布団をたたむ必要がないですし、疲れているときもそのままベッドに入って寝られるので、就寝時の支度が楽です。

 

また、床から離れているので床に比べてホコリを吸い込む事があまりありませんし、ベッドの下を収納スペースにもできます。

 

他にもベッドはただ寝るだけではなく、おしゃれなデザインのベッドもあります。

 

価格は上がってしまいますが、インテリアとしても楽しめますよ。

 

それでは、1人用のベッドサイズをご紹介いたしましょう。

 

・セミシングル:約80cm×195cm

・シングル:約100cm×195cm

・セミダブル:約120cm×195cm

 

商品によって異なりますが、基本的に縦幅は同じぐらいで、横幅が約20cmずつ大きくなります。

 

一般的にはシングルベッドで、小柄な方ならセミシングルベッドでも問題はないでしょう。

 

ただ、部屋の大きさに余裕があり少しでも快適な睡眠を望むのであれば、横幅が約20cm大きく、寝返りも打ちやすいセミダブルベッドをおすすめします。

 

一人暮らしのシングルベッドは適した大きさ?メリットとデメリットをご紹介


 

シングルベッドは、一人暮らし向けのベッドの中では一般的なサイズです。

 

商品の数が豊富なのも特徴です。

 

<メリット>

先ほどもお話したとおり、一般的なサイズなのでセミシングルベッドほどではありませんが、搬入や模様替えの際に楽です。

 

また、当たり前ですがセミダブルベッドよりも価格が安いです。

 

デザインの種類も多いので、皆さんのお部屋の印象に合わせやすいでしょう。

 

そこまで大きくもないので、部屋に置いても気になりません。

 

<デメリット>

一般的なサイズとは書きましたが、高身長の方や体格が良い方は、窮屈に感じるかもしれませんし、寝返りを打った際に下に落ちてしまうかもしれません。

 

また、猫や小型犬と寝る方はシングルベッドでは小さいでしょう。

 

一人暮らしにセミダブルベッドの大きさは合ってるのかをご紹介


 

お次はセミダブルベッドのご紹介です。

 

シングルベッドよりも大きいので、一人暮らしには必要?と思われがちですが、メリットとデメリットを知れば、皆さんの生活に適しているのか知ることができます。

 

<メリット>

セミダブルベッドの大きなメリットは、やはりシングルベッドよりも大きいのでゆったりと寝られる事です。

 

休日も遊びに行ったりと、特に家にいる時間が少ない方やソファや椅子ではなく、ベッドで過ごす方はセミダブルベッドがおすすめです。

 

他にも荷物が少ない方や家具が少ない方も、快適に眠れるセミダブルベッドがオススメです。

 

また、中にはリクライニングできるベッドもあり、ソファの代わりにもできますし、ベッド用のテーブルを使えばその分家具をまとめられるので、スペースを作るのも可能です。

 

セミダブルベッドを置くコツとしては、家具を最低限の数にし、収納スペースをうまく使って部屋の中に荷物を置かないようにしましょう。

 

他には背の低い家具で揃え、大きい家具はセミダブルベッドの対面側の壁側に配置して、床の見せる面積を広くし、圧迫感をなくすのもオススメです。

 

<デメリット>

当たり前ですが、シングルベッドよりも大きいので部屋が狭かったり、家具や荷物が多いと人によっては、邪魔になってしまう場合があります。

 

他にも友人が来た時のためにソファや本棚などの大きめの家具を置きたい方にも向きません。

 

仕事や趣味のために部屋のスペースを広く必要な方も辞めておいたほうがいいでしょう。

 

シングルベッドよりも約20cm程度広くても、フレームやデザインによっては20cm以上幅をとってしまう事も。

 

また、シングルベッドよりも大きいため、本体、シーツやカバーなどの価格も高くなります。

 

<ロフトベッドで収納や就寝スペースを確保>

部屋も広く使いたいし、セミダブルサイズのベッドも欲しい場合は二段ベッドのように、寝る場所が上にあり、下はテーブルなどのスペースになっているロフトベッドを検討するのもありです。

 

その場合、背の家具をあまり置かないようにするのをオススメします。

 

また、高さがあり天井に近くなるので、就寝時に多少の圧迫感を感じるかもしれません。

 

まとめ


 

今回は一人暮らしに適しているベッドのサイズやシングル、セミダブルのメリットとデメリットについてご紹介いたしました。

 

気になった方は、実際に販売している店舗に赴き、現物を見てみるのも良いでしょう。

 

睡眠は人生の3分の1を占めていると言われています。

 

自分に合ったベッドを考えて選び、快適な睡眠を取れるといいですね。

 

アムス・エステート株式会社では、一人暮らし向けの賃貸物件を多数ご紹介しています。

 

住みやすい街、板橋区でお住まいをお探しの方は、ぜひ当社へお問合せください。

≪ 前へ|そろそろ夏本番!賃貸に備え付けの冷房は掃除してもいい?   記事一覧   登山初心者におすすめ!東京で登山しやすい山「高尾山」を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会社概要

    会社概要
    アムス・エステート株式会社
    • 〒170-0013
    • 東京都豊島区東池袋1丁目15-12
      アムスビル
    • TEL/03-5958-0099
    • FAX/03-5958-0014
    • 東京都知事 (3) 第84926号
  • アクセスマップ
  • 更新物件情報

    2020-08-13
    クレール18の情報を更新しました。
    2020-08-13
    ジェネシス三鷹の情報を更新しました。
    2020-08-13
    エステートピアMⅠの情報を更新しました。
    2020-08-13
    アーバンフォーレストの情報を更新しました。
    2020-08-13
    グリーンフィルドの情報を更新しました。
    2020-08-13
    グランシャリオの情報を更新しました。
    2020-08-13
    クローバーハイツの情報を更新しました。
    2020-08-13
    コート高橋の情報を更新しました。
    2020-08-13
    YAYOI COURTの情報を更新しました。
    2020-08-13
    リヴェール エスト T.E.Nの情報を更新しました。
  • お問い合わせ
  • オトク!ジャーナル
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る