アムス・エステート > アムス・エステート株式会社のスタッフブログ記事一覧 > フローリングの賃貸物件で暮らすメリットや注意点は?掃除のポイントもご紹介!

フローリングの賃貸物件で暮らすメリットや注意点は?掃除のポイントもご紹介!

≪ 前へ|プライバシーを守りたい!賃貸物件でもできるベランダの目隠し法   記事一覧   退去や違約金の心配も?賃貸物件の契約期間について解説|次へ ≫

フローリングの賃貸物件で暮らすメリットや注意点は?掃除のポイントもご紹介!

フローリングの賃貸物件で暮らすメリットや注意点は?掃除のポイントもご紹介!

賃貸物件で使用される床材は、畳・カーペット・クッションフロアなどさまざまな種類がありますが、近年はフローリングを使用する物件が多く、一人暮らしの方にも人気があります。
フローリングにはどのような特徴があるのか理解し、今後、賃貸物件で暮らす際のお手入れの参考にしましょう。
そこで今回は、賃貸物件での暮らしをご検討中の方に向けて、床がフローリングの物件で暮らすメリットや注意点、またお手入れのポイントもご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

床がフローリングの賃貸物件で暮らすメリットとは?

フローリングの床材を使用した物件には、以下のようにさまざまなメリットがあります。

メリット1:掃除が簡単でメンテナンスもほぼ不要である

基本的にはワイパーをかけるだけでホコリを取り除けるので、日頃の掃除が簡単に済むという点が魅力です。
カーペットや畳などの床材は奥までゴミが入り込みやすく、ダニや菌が発生しやすい点に注意しなければなりません。
一方、賃貸物件で多く使用されている合板製の床材はダニが発生しにくいので、アレルギーにお悩みの方にもおすすめです。
また合板製の床材は耐久性もあり傷が付きにくく、メンテナンスもあまり必要ないため、仕事や学校などで忙しい一人暮らしの方にも向いています。

メリット2:傷や跡が付きにくい

畳やカーペットなどのクッション性のある床材と比べて、インテリアを置いても跡が付きにくい点も魅力です。
ただし、椅子を移動すると擦り傷が付いたり、重量のあるインテリアを置くと床材の表面にへこみができたりする場合もあります。
賃貸物件で暮らす際は、椅子の足にキャップを付けたり、インテリアの下に敷板を置くなどして、床材を傷付けないように注意しましょう。

メリット3:部屋の雰囲気を邪魔しない

木材を使用しているので、さまざまなテイストのインテリアと相性が良く、部屋の雰囲気を邪魔しない点も魅力です。
木目調の床材は洋風のアイテムはもちろん、和風のアイテムとも相性が良く、畳の物件でなくても、モダンやレトロな雰囲気のお部屋に仕上げることも可能です。

床がフローリングの賃貸物件で暮らす注意点は?

では床材がフローリングの物件には、どのような注意点があるのでしょうか?

注意点1:シミができる場合がある

汚れを放置すると、シミができる場合がある点に注意が必要です。
コーヒーや薬品などの液体は、床材の中まで浸透するとなかなか汚れが取れないので、すぐに拭き取ることがポイントです。
また窓から吹き込む雨を放置することも、シミの原因となるので注意しましょう。

注意点2:クッション性が低く冷えやすい

床が硬いので、直接座る際はラグマットやクッションなどを置く必要があります。
また硬い床材は歩くと足が疲れやすく、断熱性の低さから冬場は足元が冷えやすいので、スリッパを履いて防寒対策するようにしましょう。

賃貸物件のフローリングを掃除する方法やポイントは?

一人暮らしだと日頃の掃除も大変だと思いますが、以下の方法を参考にして、できる範囲でおこなうようにしましょう。

ポイント1:ワイパーで全体的にホコリを取る

まずはドライシートを付けたワイパーを使い、ホコリや髪の毛などの大きな汚れを取りましょう。
ワイパーはヘッドの部分を左右に動かし、自分より遠いところから近くへ手繰り寄せる感覚で使うと、ゴミが取れやすくなります。

ポイント2:掃除機で吸い取る

ワイパーだけでは細かいゴミが取れないので、掃除機を使用して残っているゴミを取り除きましょう。
床材の溝の目地にそってゆっくり動かし、壁際やサッシとの境目など細かいゴミがたまりやすい箇所は、細口のノズルを使って重点的にきれいにするのがポイントです。

ポイント3:雑巾で水拭きする

なかなか落ちない汚れは、水拭きをして取り除きましょう。
足裏の皮脂汚れや食べ物のカスのこびりつきなどは、台所用の中性洗剤を数滴水の中に入れると、汚れが取れやすくなります。
ただし木材は水分に弱いので、固く絞った雑巾でサッと拭き、最後は乾拭きして短時間で仕上げることがポイントです。
水拭きは頻繁におこなうと床材が傷む原因となる場合があるので、月1回程度で十分です。

ポイント4:ワックスをかける

床材をきれいに保つためには、半年に1回程度ワックスをかけることも大切です。
ゴミやホコリが残っているときれいに仕上がらないので、先ほどご紹介した作業をおこなってからワックスをかけましょう。
最近はワイパーに付けて手軽に作業できる、シートタイプのワックスもあるのでおすすめです。
ただし賃貸物件で暮らす場合、借主がワックスがけをおこなう義務はありません。
上手にできないと床を変色させてしまう場合もあるので、床材の汚れが気になる場合は、大家さんや管理会社に相談してみましょう。

まとめ

今回は、賃貸物件での暮らしを検討されている方に向けて、床がフローリングの物件で暮らす魅力や注意点、またお手入れのポイントをご紹介いたしました。
一人暮らしでも簡単に手入れができ、物件数も多いので、ぜひフローリングのあるお部屋での暮らしをご検討ください。
アムス・エステート株式会社では、一人暮らし向けの賃貸物件を多数ご紹介しています。
住みやすい街、板橋区でお住まいをお探しの方は、ぜひ当社へお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|プライバシーを守りたい!賃貸物件でもできるベランダの目隠し法   記事一覧   退去や違約金の心配も?賃貸物件の契約期間について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会社概要

    会社概要
    アムス・エステート株式会社
    • 〒170-0013
    • 東京都豊島区東池袋1丁目15-12
      アムスビル
    • TEL/03-5958-0099
    • FAX/03-5958-0014
    • 東京都知事 (4) 第84926号
  • アクセスマップ
  • 更新物件情報

    2021-10-21
    キャルム浅草の情報を更新しました。
    2021-10-21
    マリーハイムの情報を更新しました。
    2021-10-21
    キャッスル・日野台の情報を更新しました。
    2021-10-21
    ベルカディーマンションの情報を更新しました。
    2021-10-21
    カサ・デ・ギターラの情報を更新しました。
    2021-10-21
    パルデンス山内の情報を更新しました。
    2021-10-21
    グレース蔵前の情報を更新しました。
    2021-10-21
    ハイツ三原田の情報を更新しました。
    2021-10-21
    グレースKの情報を更新しました。
    2021-10-21
    トクスケマンションの情報を更新しました。
  • お問い合わせ
  • オトク!ジャーナル
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る