アムス・エステート > アムス・エステート株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 実はメリットがたくさん?全面カーペット敷きの賃貸物件 その魅力とは

実はメリットがたくさん?全面カーペット敷きの賃貸物件 その魅力とは

≪ 前へ|気になるけど勝手にやってはいけない!?賃貸物件のエアコンクリーニング   記事一覧   契約書ではありません! 賃貸契約する際の「重要事項説明書」について解説|次へ ≫

実はメリットがたくさん?全面カーペット敷きの賃貸物件 その魅力とは

実はメリットがたくさん?全面カーペット敷きの賃貸物件 その魅力とは

今までフローリングやクッションフロアのお部屋に暮らしてきた方で、カーペット床のお部屋を検討されたことはありますか?
掃除が面倒そう、ホコリが出そう、といった面で敬遠されているかもしれませんが、実は生活スタイルや家族構成によってはそれを上回るメリットがたくさんあるのです。
今回はそんな全面カーペットのお部屋のメリットと注意点をまとめます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の全面カーペット! その種類とは?

賃貸で全面カーペット敷きのお部屋は、数は多くないものの物件によってはあります。
全面カーペットの種類としては、ロールカーペットとタイルカーペットの大きく2つがあります。
ロールカーペットは大きなロール状に巻かれたカーペットを、部屋の形に合わせて切り取り、敷き詰めていくもの。
継ぎ目が少なくなるため床面に一体感が出て、踏み心地がよいことが特徴です。
もうひとつのタイルカーペットは、50センチや40センチ四方などのゴム性の裏地に、カーペットの生地を表面に貼り合わせたもので、部屋の中にパズルのように敷き詰めていきます。
近年では正方形以外の形のタイルカーペットもあります。
タイルカーペットは汚れたところだけピンポイントで交換ができ、扱いやすいのが特徴ですが、床の一体感は薄くなりどうしても「タイル感」が出てしまいます。
元々カーペット敷きではない賃貸のお部屋を全面カーペットにしたいとき、タイルカーペットであれば必要な枚数を購入して自分で敷き込むことができます。
一方ロールカーペットは、床材とカーペットを固定することが難しく、また元の床を傷つける可能性があるため後からの敷き込みはおすすめできません。
なお、元からカーペット敷きだったお部屋は基本的に居住者の好みで剥がすことはできません。

全面カーペットの賃貸物件のメリット

フローリングや畳のお部屋に慣れている方であれば、あえてカーペット敷きの物件を選ぶ良さがないように思われるかもしれません。
ですが、カーペット敷きのお部屋には以下のようなメリットがあるのです。

下の部屋に音が響きにくい

カーペットが敷いてある床は騒音対策になります。
足音やイスを引く音など、階下には床を伝って音が響きやすいですが、カーペットが敷いてあることで音が吸収されて響きにくくなるのです。

部屋にホコリが舞いにくい

床がカーペット敷きであれば、部屋の中にホコリが舞い上がりにくくなります。
布製のカーペットはそれ自体からホコリが出そう…と感じられるかもしれませんが、繊維でホコリをキャッチするため逆に舞い上がりにくくなるのです。
室内のホコリや、ホコリの舞い上がりが気になる方にはおすすめです。

床の冷たさが軽減される

こちらもフローリング床にはないメリットです。
布製のカーペットを1枚挟むことによって、フローリングと比べて床の冷たさを感じにくくなります。
これは部屋の中では素足がいいという方にもうれしいメリットで、足裏の感触も良く気持ちいいですよ。

滑りにくく、物を落としても壊れにくい

フローリングの床に比べてカーペット敷きの床は滑りにくく、足元の安全度がより上がります。
そのため走り回る小さなお子さんがいる家庭や、転倒が心配な高齢者世帯にもメリットです。
また物を落としてもクッション製があるため壊れにくい特徴もあります。

全面カーペットの賃貸物件の注意点

それでは逆に全面カーペット敷きの注意点はどのようなことでしょうか?

液体でついた汚れが取れにくい

汚れ、特に液体による汚れが取れにくいことが最大の注意点で、この点が気になるという方も多いかと思います。
布製品ですので、こぼしてしまったジュースやソースなどの液体は、こすって広げず、まず水分を吸い取りましょう。
おおよそ水分が取れたら、少量の水をかけて最後はトントンと叩くように汚れをとります。

髪の毛などが絡まりやすい

液体の汚れのほかにも、髪の毛などが絡まりやすい素材でもあります。
人間の髪の毛以外にも、ペットの抜け毛も侮れませんので、こまめな掃除機がけが必要になります。
フローリングに掃除機をかけるときよりもヘッドをゆっくりと動かし、絡まった髪の毛を取り除いていきます。
定期的な粘着シートでの掃除も効果的です。

ダニが発生しやすい

カーペットはどうしてもダニが発生しやすいため、ハウスダストアレルギーがある方には向かない素材です。
こちらの面でも、こまめな掃除機がけが欠かせません。

家具の跡がつきやすい

ベッドや本棚といった重さのある家具を同じ場所に置き続けていると、家具の跡がしっかりついてしまいます。
跡がつきそうな大型家具はなるべく置かない、アイロンのスチームを吹きかけながらブラシで毛を立てていく、といった対処ができます。

まとめ

今回は全面カーペット敷きの賃貸物件をテーマに、全面カーペットの種類、メリットと注意点をご紹介しました。
生活スタイルによってはフローリングやクッションフロアの床より快適になるかもしれない全面カーペットのお部屋。
気になられたら、ぜひ物件検索してみてくださいね。
私たちアムス・エステート株式会社では東京・埼玉・神奈川で賃貸物件を取り揃えております。
賃貸物件をお探しの際は、ぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|気になるけど勝手にやってはいけない!?賃貸物件のエアコンクリーニング   記事一覧   契約書ではありません! 賃貸契約する際の「重要事項説明書」について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会社概要

    会社概要
    アムス・エステート株式会社
    • 〒170-0013
    • 東京都豊島区東池袋1丁目15-12
      アムスビル
    • TEL/03-5958-0099
    • FAX/03-5958-0014
    • 東京都知事 (4) 第84926号
  • アクセスマップ
  • 更新物件情報

    2021-08-06
    イリス三田の情報を更新しました。
    2021-08-06
    マリーハイムの情報を更新しました。
    2021-08-06
    キャッスル・日野台の情報を更新しました。
    2021-08-06
    プロヴィデンス秀洋の情報を更新しました。
    2021-08-06
    グリーンパレス用賀の情報を更新しました。
    2021-08-06
    プチメゾンの情報を更新しました。
    2021-08-06
    カテリーナ八王子の情報を更新しました。
    2021-08-06
    フォーレスト嶋崎の情報を更新しました。
    2021-08-06
    アーバンライフ鹿島の情報を更新しました。
    2021-08-06
    パルテール・谷の情報を更新しました。
  • お問い合わせ
  • オトク!ジャーナル
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る