アムス・エステート > アムス・エステート株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしを予定している方必見!賃貸の火災保険とは?必要性や補償範囲などをご紹介

一人暮らしを予定している方必見!賃貸の火災保険とは?必要性や補償範囲などをご紹介

≪ 前へ|一人暮らしを予定している方必見!ウォーターサーバーを導入するのに向いている人とは?   記事一覧   ワンルーム賃貸を仕切るためのDIY術!仕切るメリットやDIY以外で仕切る方法もご紹介|次へ ≫

一人暮らしを予定している方必見!賃貸の火災保険とは?必要性や補償範囲などをご紹介

一人暮らしを予定している方必見!賃貸の火災保険とは?必要性や補償範囲などをご紹介

賃貸借契約をおこなう際に必ず加入しなければならない「火災保険」というものがあります。
火災保険料は物件にもよりますが、高い料金を支払う場合もあり、初期費用の捻出が大変かと思います。
なかには火の扱いに気をつけていれば、入らなくても良いのではないか?と思われる方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、一人暮らしで賃貸物件をお探しの方向けに、火災保険とはどのような保険なのか、必要性や補償適用範囲、ご自身で火災保険を探す際の料金相場などについてご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸で一人暮らしをしたい方向けに火災保険の必要性についてご紹介

まずは、火災保険とはどんな保険なのか、必要性についてもご紹介いたしましょう。
火災保険とは、災害などでお部屋に火災が発生し、家財などが燃えてしまった際に補償してくれる保険であり、火災以外にも落雷や水漏れなども補償してくれる場合もあります。
ですが、隣の家やお部屋などの火災により、ご自身のお部屋にある衣類や家財が燃えてしまった場合、火災が起きた家やお部屋の持ち主に重大な過失がなければ、損害賠償請求をおこなえないのです。
こちらの賠償に関しては民法で、重大な過失がなければ、失火者は損害賠償責任を負わなくてもよいと定められています。
そのため、ご自身のお部屋にある財産に関しては、ご自身で守るしかありません。
そこで、賃貸借契約をおこなう際に加入する火災保険が重要となるのです。

一人暮らし向け賃貸物件をお探しの方必見!火災保険の適用範囲や補償額とは?

火災保険とはなにかわかったところで、火災保険の適用範囲や種類、補償額について見ていきましょう。

火災保険のメインと言える家財保険

家財保険とは、火災はもちろん落雷や水濡れなどで損害を受けた家財(家電/家具など)を補償してくれる保険です。
たとえば隣の部屋で火災が発生し、自分のお部屋の壁や床、衣類などが燃えてしまったり、落雷の影響でパソコンに大きな電流が流れて壊れた場合などに補償してくれます。

借家人賠償責任保険

物件を借りている方が起こした火災などが原因で、お部屋に損害があった場合、大家さん(所有者)に対して損害賠償があった際に補償してくれます。
たとえば、タバコの消し忘れで床が燃えてしまったり、洗濯機のホースなどをきちんと付けておらず、水が溢れて床や壁に被害があった場合などがあげられます。

個人賠償責任保険

こちらは他人に対して損害を与えてしまったり、怪我をさせてしまった場合に補償してくれる保険です。
たとえば、借家人賠償責任保険でもお伝えいたしましたが、洗濯機のホースが外れて階下のお部屋で水漏れが発生した場合などに補償してくれます。

賃貸物件を借りる際に加入する保険は火災保険(家財保険)と借家人賠償責任保険

上記の3つの保険の中で「借家人賠償責任保険」が一番重要と言えます。
先ほど「民法では重大な過失がなければ、失火者は損害賠償責任を負わなくてもよい」とお伝えいたしましたが、賃借人はお部屋を退去する際に「原状回復義務」が発生いたします。
そのため、賃貸借契約をおこなう際に借家人賠償責任保険と家財保険がセットになった火災保険への加入が求められるのです。
もう一つの火災保険(家財保険)も重要な保険なので、賃貸借契約をおこなう際には加入を求められる保険です。
家財保険と借家人賠償責任保険で補償される額ですが、加入する保険によって異なります。
保険金は内容によって幅がありますので、加入する保険についてきちんと理解しておく必要があります。
残り1つの保険である個人賠償責任保険ですが、こちらは基本的にご自身で加入することが多いです。

一人暮らしする際に加入する賃貸の火災保険は自分で加入できる?相場はどのくらいか

賃貸借契約の際に加入を求められる火災保険ですが、契約内容や大家さん(所有者)から求められる条件に合っていれば、ご自身で加入する保険を決めることも可能です。
ですがその場合、保険の内容確認に時間がかかるため入居が遅くなるなどのデメリットも存在します。
また、なかには比較するのが面倒くさかったり、時間がないという方もいらっしゃると思いますので、よほどのことがない限りは不動産会社から指定される保険に加入することをおすすめいたします。
火災保険料の相場として、年額3,500円程度の保険や年額7,000円以上になる保険までさまざまです。
補償金額も異なりますし、個人賠償責任保険が付いていない場合があるので、必ず補償内容や補償してくれる金額を確認しましょう。

まとめ

今回は、賃貸物件を借りて一人暮らしを予定されている方向けに火災保険への加入の必要性や補償できる範囲、ご自身で加入される場合の保険料の相場などについてご紹介いたしました。
火災保険は、もしものためにご自身や大家さん(所有者)の方が不利益にならないように加入する保険です。
今回の記事で火災保険について学び、理解を深められたのであれば幸いです。
私たちアムス・エステート株式会社では東京・埼玉・神奈川で賃貸物件を取り揃えております。
賃貸物件をお探しの際は、ぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一人暮らしを予定している方必見!ウォーターサーバーを導入するのに向いている人とは?   記事一覧   ワンルーム賃貸を仕切るためのDIY術!仕切るメリットやDIY以外で仕切る方法もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会社概要

    会社概要
    アムス・エステート株式会社
    • 〒170-0013
    • 東京都豊島区東池袋1丁目15-12
      アムスビル
    • TEL/03-5958-0099
    • FAX/03-5958-0014
    • 東京都知事 (4) 第84926号
  • アクセスマップ
  • 更新物件情報

    2021-04-23
    プロヴィデンス秀洋の情報を更新しました。
    2021-04-23
    キャッスル・日野台の情報を更新しました。
    2021-04-23
    アメニティーハウスの情報を更新しました。
    2021-04-23
    コラゾンの情報を更新しました。
    2021-04-23
    グレース蔵前の情報を更新しました。
    2021-04-23
    アレックスビル(旧柿岡ビル)の情報を更新しました。
    2021-04-23
    ドミールイトウの情報を更新しました。
    2021-04-23
    アべニール曙橋の情報を更新しました。
    2021-04-23
    服部ビルの情報を更新しました。
    2021-04-23
    ドルフEASTの情報を更新しました。
  • お問い合わせ
  • オトク!ジャーナル
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • QRコード
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る