アムス・エステート > アムス・エステート株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸はガスそれともIH?それぞれの特徴や向いている方を解説

賃貸はガスそれともIH?それぞれの特徴や向いている方を解説

≪ 前へ|リノベーション済み賃貸マンションの魅力!メリットデメリットを知ろう   記事一覧   そろそろ夏本番!賃貸に備え付けの冷房は掃除してもいい?|次へ ≫

賃貸はガスそれともIH?それぞれの特徴や向いている方を解説

キッチンにあるコンロのタイプは、自炊している方や自炊しようと考えている方には重要な設備ですね。

 

ガスコンロやIHはどんな特徴があるのか、どんな人が向いているのかを比較できれば、どちらを選ぶかわかりやすいですよね。

 

そこで今回は賃貸物件をお探しの方向けに解説いたします。

 

ぜひご参考にしてみてください!


IH ガスコンロ


賃貸のコンロタイプはガスかIHどちらにする?①特徴やメリットを紹介


まずはそれぞれの特徴やメリット、デメリットをご紹介しましょう。

 

<ガスコンロ>

ガスコンロの一番の特徴は、火を使用することでしょう。

 

配管で各家庭に届けられている都市ガスと、タンクを自宅に設置して利用するプロパンガスの2種類があります。

 

どちらも可燃性のガスを使用して火を起こす設備ですが、都市ガスとプロパンガスは成分が異なり、同じ火の強さを発生させるために必要となるガスの量も違います。

 

そのため、同じ機器は使用できないので注意が必要です。

 

もしも都市ガス用のコンロにプロパンガスを使用した場合、ガスが多く流れすぎて火力が強くなり最悪、爆発や火災を引き起こしてしまいます。

 

逆に、プロパンガス用のコンロに都市ガスを使用すると、不完全燃焼を起こす場合があります。

 

どちらも命の危険がありますので、賃貸でガスコンロを買う際にはよく調べてから買いましょう。

 

また、ガスコンロのメリットですが、加熱される範囲が広く、調理器具を大きく動かしても全体が加熱されやすいです。

 

火が付いているのがひと目で分かるので消し忘れが少なく、強火なら音でも気づきやすいです。

 

デメリットですが、IHよりもやけどや火災のリスクが高いですし、鍋やフライパンを置く金属の部分である五徳の掃除がしにくいのも特徴です。

 

<IH>

 

IHの一番の特徴は電力のみで加熱できる事です。

 

少し前のIHはガスコンロよりも火力が低いと言われていましたが、最近はその点も改良されてきています。

 

料理に支障はないと言われてはいますが、一度に加熱できる範囲はガスコンロよりも狭いのが特徴です。

 

IHのメリットはガスコンロよりも掃除が簡単ですし、ガスを送るホースなども使用しないので、設置が簡単です。

 

また、火を使用しない分、やけどや火災の危険性は低いですが、調理する際には気をつけてください。

 

デメリットは先ほどもお伝えしましたが、加熱範囲がガスコンロよりも狭いので、フライパンなどはあまり大きく動かさないほうがよいでしょう。

 

鍋など大きく動かす必要がない調理器具に関しては問題ありません。

 

他には、火が見えないので消し忘れの心配もありますし、ガスコンロよりも本体価格が高い物が多いです。

 

賃貸のコンロタイプはガスかIHどちらにする?②光熱費などを徹底比較


次はガスコンロとIHの比較をおこないます。

 

まず中華料理などで多い、調理器具を持ち上げてあおる事ができるのはガスコンロですね。

 

他にも昔からガスコンロのほうが使用されてきたため、調理器具によってはIHに対応していない場合があります。

 

調理器具を買う時、IHで使用できるかどうかをわざわざ確かめなければなりません。

 

他には停電時にもガスコンロは使用できますし、ガスはどの時間帯に使用しても料金は同じですが、電気は料金プランによっては料金が高くなったり、安くなったりします。

 

ただし、ガスコンロは火を使用するため、冬は良いですが夏はキッチンの温度も上がり、不快に感じることがあります。

 

他にも凹凸があるガスコンロは掃除が面倒くさい反面、平らなIHは掃除がしやすいですね。

 

また、ガスコンロは火力をかがんで確認しなければなりませんが、IHは、ほとんどが液晶画面に火力が表示されるので、楽な姿勢で火力を確認、調節できるのが強みです。

 

<電気代とガス代の比較>

ガスコンロはガス、IHは電気と説明してきましたが、どれぐらいの光熱費がかかるのか比較していきましょう。

 

・電気(朝10時~夕方5時):約38円

・電気(朝7時~朝10時・夕方5時~夜11時):約25円

・電気(夜11時~朝7時):約12円

・都市ガス:約12円

・プロパンガス:約21円

※首都圏のプランかつ、同等のエネルギーを消費した場合

 

基本的にはガスのほうが安いですが、皆さんの生活スタイルに合っているのを選ぶのがよいでしょう。

 

賃貸のコンロタイプはガスかIHどちらにする?③向いている方の紹介


最後にガスコンロやIH、それぞれに向いている方をご紹介します。

 

<ガスコンロに向いている方>

・ガスコンロに慣れており、調理器具を動かして火力を調節したい方

・実際の火加減を確認して加熱具合を調節したい方

・こまめに掃除ができる方

 

<IHに向いている方>

・大きめの調理器具を温める際に多少時間がかかっても気にならない方

・IH自体の機能に幅があるため、よいものにお金が使える方

・拭くだけで楽に掃除がしたい方

 

まとめ


今回のガスコンロとIHの比較は参考になりましたか?

 

どちらもメリットやデメリットがあるので、迷ってしまいますよね。

 

賃貸を借りる際には、生活スタイルや光熱費、メリット、デメリットなど、今回の記事をぜひご参考になさってください!

 

東京・埼玉・神奈川で賃貸物件をお探しの際は、アムス・エステート株式会社までぜひご相談ください

≪ 前へ|リノベーション済み賃貸マンションの魅力!メリットデメリットを知ろう   記事一覧   そろそろ夏本番!賃貸に備え付けの冷房は掃除してもいい?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会社概要

    会社概要
    アムス・エステート株式会社
    • 〒170-0013
    • 東京都豊島区東池袋1丁目15-12
      アムスビル
    • TEL/03-5958-0099
    • FAX/03-5958-0014
    • 東京都知事 (3) 第84926号
  • アクセスマップ
  • 更新物件情報

    2020-08-12
    メゾン鶴ヶ島駅前の情報を更新しました。
    2020-08-12
    宮原プラザC棟の情報を更新しました。
    2020-08-12
    美登利ハイツの情報を更新しました。
    2020-08-12
    MAC平山城址公園コートの情報を更新しました。
    2020-08-12
    ベルシオン長沼の情報を更新しました。
    2020-08-12
    Flat JUNの情報を更新しました。
    2020-08-12
    富士ハウスの情報を更新しました。
    2020-08-12
    ハイツ マイルドの情報を更新しました。
    2020-08-12
    ダイヤモンドレジデンス南大塚の情報を更新しました。
    2020-08-12
    鈴木ビルの情報を更新しました。
  • お問い合わせ
  • オトク!ジャーナル
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る