アムス・エステート > アムス・エステート株式会社のスタッフブログ記事一覧 > アパートとマンションの違いとは?それぞれのメリットデメリットもご紹介

アパートとマンションの違いとは?それぞれのメリットデメリットもご紹介

≪ 前へ|趣味でガーデニングを楽しむ男性急増中!賃貸で楽しむガーデニングのすすめ   記事一覧   賃貸住宅でオンライン飲み会を楽しもう!必要なものや注意点とは?|次へ ≫

アパートとマンションの違いとは?それぞれのメリットデメリットもご紹介

賃貸を探しているときには、集合住宅ならアパートとマンションの2種類を目にします。

 

なんとなく「アパートのほうがいいな」「マンションに住みたいな」などと漠然と選ぶことが多いと思いますが、両者に明確な違いはあるのでしょうか?

 

この記事では、アパートとマンションの違いと、それぞれのメリットおよびデメリットをご紹介します。

 

アパートとマンションの違いとは?それぞれのメリットデメリットもご紹介


アパートとマンションの違いとは

 

まずはアパートとマンションの違いから確認しておきましょう。

 

なんとなくアパートはマンションよりも家賃が安く、マンションのほうがアパートよりも高級なイメージがあるように思うのではないでしょうか。

 

もしくはアパートというと2階建ての小規模な集合住宅で、マンションは階数も室数も多い建物を想像する方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし実は、アパートとマンションには、法律上のはっきりした区別はないのです。

 

そのため建物にどんな名前をつけるのも、オーナーの自由です。

 

2階建ての木造の建物に、「〇〇マンション」と名前をつけても特に問題はありません。

 

とはいっても、それでは賃貸するときに混乱が生じるため、不動産会社では物件がどんな構造をしているかで、アパートとマンションを区別していることがほとんどです。

 

一般的に「アパート」とは、「木造」もしくは「軽量鉄骨造(プレハブ構造)」で建てられた2階建てもしくは3階建ての建物を指します。

 

そして「マンション」とは、「鉄骨コンクリート造(RC)」「軽量気泡コンクリート(ALC)」、あるいは「鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)」で建築されている3階建て以上の物件のことです。

 

なお不動産の登記簿謄本にも、「アパート」「マンション」などの記載はなく、「鉄筋鉄骨コンクリート造陸屋根3階建」など、どのような構造の建物なのかだけが表記されています。

 

それでは不動産会社での分類に従って、アパートとマンションのそれぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

アパートとマンションそれぞれのメリットとは

 

まずアパートのメリットとは、どういったものがあるのでしょうか。

 

アパートで考えられるもっとも大きなメリットは、マンションと比較すると家賃が安いことでしょう。

 

これはアパートの建築構造が、木造や軽量鉄骨造であることが理由です。

 

木造や軽量鉄骨造は、鉄骨コンクリート造などのマンションを建てる構造とは異なり、建築コストや資材コストが安価なため、そういったコストを家賃に転嫁する必要がありません。

 

そのため一般的にアパートは、マンションと比べて家賃を安く貸し出せます。

 

さらにアパートは、同じ建物に住む世帯数が少ないため、住人の顔が見える安心感があることもメリットです。

 

アットホームな環境で暮らしたい方には、アパートが向いているといえるでしょう。

 

一方マンションのメリットとは、どのようなものでしょうか。

 

もっとも大きなマンションのメリットとは、その設備や性能のよさでしょう。

 

マンションは階段の代わりにエレベーターがついている、さらにインターホンもモニターつきである場合がほとんどです。

 

エントランスがオートロックになっているなど、マンションはセキュリティも高い物件が多いため、安全性を優先したい方はアパートよりもマンショを選んだほうがよいでしょう。

 

また構造にコンクリートが使用されているため、アパートと比較すると防音性や耐震性に優れていることも、マンションのメリットです。

 

アパートとマンションそれぞれのデメリットとは

 

それではここからは、アパートとマンションのそれぞれのデメリットをご紹介します。

 

まずアパートの最初のデメリットですが、コンクリートを使用しない構造の問題から、防音性が低いことです。

 

隣の住人の生活音が聞こえるのはもちろん、上階の足音なども響きやすくなっています。

 

さらに構造から考えると、アパートはマンションと比較すると耐震性に劣ることもデメリットです。

 

またマンションとは違い、入り口にオートロックなどもないため、セキュリティは期待できません。

 

また2階建ての物件が多いため、外からの侵入が気になる場合には自衛が必要になるでしょう。

 

一方マンションにもデメリットはあります。

 

マンションは建築コストが高いため、家賃や管理費などがアパートと比較すると割高です。

 

また構造上コンクリートで柱を造る必要があるため、室内に梁(はり)があることも、家具の配置に制限があると考えた場合にはデメリットといえるでしょう。

 

さらにマンションはアパートと比較すると室数が多く、住民同士の関係は希薄になりがちです。

 

同じ建物にどのような人が住んでいるのかわからないことも、人によっては不安に思い、デメリットと感じることもあるでしょう。

 

まとめ

 

アパートとマンションの違いとは、どのようなものなのかをご紹介しました。

 

それぞれにメリットとデメリットがありますが、人によって感じ方に違いがあります。

 

アパートとマンションのどちらに住むのがよいのかは、ご自身のライフスタイルとあわせて考えるようにしてください。


私たちアムス・エステート株式会社では、東京・埼玉・神奈川の賃貸物件を多く取り揃えております。

 

東京・埼玉・神奈川で賃貸物件をお探し方は、ぜひお気軽にご相談ください

≪ 前へ|趣味でガーデニングを楽しむ男性急増中!賃貸で楽しむガーデニングのすすめ   記事一覧   賃貸住宅でオンライン飲み会を楽しもう!必要なものや注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会社概要

    会社概要
    アムス・エステート株式会社
    • 〒170-0013
    • 東京都豊島区東池袋1丁目15-12
      アムスビル
    • TEL/03-5958-0099
    • FAX/03-5958-0014
    • 東京都知事 (3) 第84926号
  • アクセスマップ
  • 更新物件情報

    2020-08-13
    クレール18の情報を更新しました。
    2020-08-13
    ジェネシス三鷹の情報を更新しました。
    2020-08-13
    エステートピアMⅠの情報を更新しました。
    2020-08-13
    アーバンフォーレストの情報を更新しました。
    2020-08-13
    グリーンフィルドの情報を更新しました。
    2020-08-13
    グランシャリオの情報を更新しました。
    2020-08-13
    クローバーハイツの情報を更新しました。
    2020-08-13
    コート高橋の情報を更新しました。
    2020-08-13
    YAYOI COURTの情報を更新しました。
    2020-08-13
    リヴェール エスト T.E.Nの情報を更新しました。
  • お問い合わせ
  • オトク!ジャーナル
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る